反対咬合(うけ口)の早期治療 その3
 軽症の反対咬合(歯性反対咬合)であれば、マウスピース型のとりはずし可能な矯正装置で、前歯の被蓋を変えることができる場合があります。主に乳歯列期の治療法です。お子さんの性格にもよりますが3歳代から使用することが可能です。

乳歯列期に治療を開始するメリット
 反対咬合では、上顎前歯が下顎前歯におさえつけられているため、上顎骨が前方に発育しにくくなっています。早期に前歯の被蓋が改善することで、上顎骨と中顔面の前方への自然な発育が期待できます。

ムーシールドでの治療
 反対咬合は、条件がよければ、マウスピース型の矯正装置で、被蓋(前歯の噛みあわせ)を改善することができます。
治療前
上顎前歯が舌側に傾斜した歯性の反対咬合。
3歳児。
治療後
前歯の噛みあわせが正常になりました。
ムーシールドでの被蓋改善が可能な条件
 ・低年齢(6歳以下)
 ・歯性の反対咬合(上顎前歯の舌側傾斜)
 ・骨格的な問題が少ない
 ・前歯の噛みあわせが深い
 ・乳犬歯の被蓋は正常
 ・口呼吸が軽度
 ・扁桃腺が肥大していない など
※ムーシールドで改善するのは、前歯の被蓋だけです。ムーシールドそのものに骨格を改善する効果はありません。骨格的な反対咬合の要素が強い場合は、より本格的な矯正処置が必要です。



     ブログもご参考下さい