子育て教室 (無料)
  近年、不正咬合が増加している傾向にあります。また、「飲み込めずにいつまでも噛んでいる」とか「噛まずに丸飲みする」といった口の機能の未発達も多く目にします。これらは乳幼児期の食生活が大きく影響していると考えます。
 0歳〜5歳ごろは口の機能が発達し、顎が成長する時期です。そして上下顎の発育は、(鼻)呼吸や健康状態に影響します。
 「子育て教室」では乳幼児期の食事の重要性と、歯並びや健康への影響についてお話させていただきます。
日時 毎月第三水曜日 AM11:30〜12:00
予約制  ※1週間前までにご予約ください
対象 0歳〜5歳のお子様の保護者・妊婦さん
    保育・教育関係者
人数 4名
参加費  無料  ※駐車代のサービスはありません

健やかな人生のために

内容
・お子様をよい歯並びに育てるためのポイント
・なぜ0歳〜5歳の食事が重要なのか
・母乳育児のメリット
・離乳食の注意点
・鼻呼吸できるようにするために
・しっかり噛むことが大切

など