「お口ぽかん」ということは
お口が開いている子は、口輪筋が弱いため、唇が分厚くなることがあります。無理にお口を閉じると下唇の下に、うめぼし様の皺ができます。口輪筋の強化が必要です。

お口をぽかんと開けている子は、舌が低い位置にあります。
リラックス時の正しい舌の位置は、「上顎の前歯の後ろの歯ぐき」です。舌の位置が悪いと歯並びも悪くなります。

X字アーチ
頬や舌も筋肉です。
歯を動かす力を及ぼしています。
「お口ぽかん」で舌を上顎につけていない子は、頬からの力だけが歯列にかかることになるため、「V字アーチ」といって、狭い歯列になりやすくなります。

「舌は上顎につけましょう
舌を上顎につけている子は、舌の力で歯列が大きく成長します。舌を上顎につけておくようにしましょう。



     ブログもご参考下さい